入院・お見舞い

Hospitalization & visit

食事代などに関するお知らせ

地域包括ケア病棟へご入院された65歳以上の患者さんについて、平成26年度、国の制度により食事代および居住費の標準負担額が新たに定められました。 所得状況により減額対象となる場合もあり、以下のように設定されています。一般病棟入院のご負担と異なり、一般病棟より地域包括ケア病棟へ移られた場合も該当いたします。 ご理解とご了承いただきますようお願いいたします。

地域包括ケア病棟入院の場合(一般病棟からの転棟を含む)

区分 生活療養標準負担額
1食当たりの食事代 1日当たりの居住代 一般病棟との比較 ※4
市民税課税世帯 現役並み所得者一般 医療区分Ⅰ ※1 460円 370円 +11,100円
医療区分Ⅱ・Ⅲ ※1 460円 370円 +14,700円
難病患者等 260円 0円 +14,700円
市民税非課税世帯 低所得者2 ※2 過去12ヶ月の入院日数90日以内 210円 370円 +11,100円
過去12ヶ月の入院日数91日以上 210円 370円 +15,600円
低所得者1(70~74歳のみ)※3 130円 370円 +13,800円
  • 1. 入院時生活療養1と2のどちらに該当するか、病棟または総合案内へお問い合わせください
  • 2. 国保でない世帯主および国保に加入している人全員が市民税非課税である世帯
  • 3. 国保でない世帯主および国保に加入している人全員が所得金額0円(ただし年金受給者は年金収入80万円以下)である世帯
  • 4. 1日3食1ヶ月間(30日)の生活療養標準額を一般病棟と比較した場合の増額

一般病棟入院の場合(参考)

区分 生活療養標準負担額
1食当たりの食事代 1日当たりの居住代
市民税課税世帯 現役並み所得者一般 460円 なし
市民税非課税世帯 低所得者2 ※1 過去12ヶ月の入院日数90日以内 210円 なし
過去12ヶ月の入院日数91日以上 160円 なし
低所得者1(70~74歳のみ)※2 100円 なし
  • 1. 国保でない世帯主および国保に加入している人全員が市民税非課税である世帯
  • 2. 国保でない世帯主および国保に加入している人全員が所得金額0円(ただし年金受給者は年金収入80万円以下)である世帯

上記、低所得者に該当される方は標準負担額が減額されますので、『限度額適用・標準負担額認定書』をお持ちいただき、病棟または総合案内へお声かけください。その他、ご不明な点などありましたら病棟または総合案内まで、お問い合わせくださいますようお願いいたします。

患者さんは入院費の一部負担金以外にご負担が増えることとなりますが、当院は本来の保険収入から、徴収させていただいた保険外併用療養費が差し引かれますので、収入増になるわけではございません。

ご自身の入院期間や保険外併用療養費の該当有無確認などで、何かご不明な点がございましたら、当院1階総合案内にてお尋ね下さい。

トップページ
診療案内
医師紹介 外来受診について
予防接種のご案内 在宅医療について
短時間通所リハビリテーション 自動車運転支援
各種制度・基本料金
入院・お見舞い
入院について お見舞いについて
地域包括ケア情報について 個人情報の取扱いについて
病院案内
院長挨拶 病院の基本情報
病院の沿革 臨床研究について
病院見学について 広報誌
個人情報保護方針  
部門紹介
看護部 リハビリテーション部
薬剤部 臨床検査部
臨床工学部 放射線部
栄養管理部 医療相談部
医療・介護関係者の方へ
ピッツバーグからの学び
採用情報
現職スタッフの声 医師研修プログラム
募集要項
周辺情報・アクセス